急がばまわれ。


せっかちな私は、

最短距離を走ろうとして、結局通常より時間が掛かってきた。


同じミスを繰り返すまいと念じているのにもかかわらず・・・


そんな経験をしながら、現在は落ち着いた決断ができているはずである。

相変わらず早口ではありますが、決断のせっかちはなくなっている。



・・・と思う。



ただ、現在までの短い人生の中で、振り返ってみると

結局、

急がばまわれ。

と感じる。


福祉事業では幅広い年齢層の方とお話をすることができる。

特に、目上の方の話は勉強になる。


日常生活や、ビジネスの中で、

そのおかげで助けられたことが多々ある。


よかった。

早口ですが、人の話はちゃんと聞いているんです。

せっかちすぎて、

聞いてないように感じられるだけ。

専門職として、聞いていないように感じられるのは拙い。


しっかりと聞く・聴く・利く・訊くことができることは

専門職としての要件であります。


ゆっくり話すのが苦手でしたので、

どうすればゆっくり話せるのかと音読した本の数は知れず。

意識して話をしないと、早口はなおらなかったですね。



冒頭と話がずれましたが、

なんでしたかね。


あ、

急がばまわれ。


身近な先輩方が失敗談をお話してくださる時があります。

急ぐとき、参考になります。

人の話はしっかり聞きましょう。


あれ、なんか違うな。


コメントは受け付けていません。

▲ページの先頭へ戻る